介護保険の喪失手続

​介護保険の喪失手続について

​介護保険の資格喪失手続

65歳以上の方、または40歳以上65歳未満で要介護認定を受けていた方が亡くなった場合、死亡した日から14日以内に介護保険の資格喪失手続を行い、介護保険証を市区町村役場の窓口に提出しなければなりません。

​下記に介護保険の資格喪失手続について記載しました。

​①

​介護保険の資格喪失手続に必要な物

​☑必要物

共通して必要

・介護保険資格取得・異動・喪失届(市区町村役場の窓口やサイトから取得)

​・介護保険証等

自治体によって必要な場合があるもの

・死亡を証明する書類(火葬許可証)

・納付書や督促状(未納がある場合)

・相続人の印鑑・預貯金通帳

​②

​介護保険の資格喪失手続の手順

​☑手順

介護保険資格取得・異動・喪失届の取得(市区町村役場の窓口やサイトから入手)

 

喪失届に記入し必要書類と一緒に窓口に提出。