単純承認

​単純承認について

​単純承認とは

単純承認は、一身専属的な権利を除く一切の権利義務を包括的に継承します。つまり、マイナスを含めたすべての相続財産を相続します。仮に故人の財産が5,000万円で借金が2,000万円の場合、単純承認を選ぶと5,000万円の財産を受け取ることができますが、借金2,000万円を故人の代わりに弁済しなければいけません。

​単純承認の手続

申述や届出などの方式はありません。

下記のいずれかの行為を行なった場合、単純承認とみなされます。

イ、相続財産の全部または一部の処分(例 相続財産で買い物をした。)

ロ、熟慮期間(故人の死亡を知ってから3か月以内)の経過

ハ、背信的行為があった(例 被相続人の財産を隠蔽して、これを悪意で消費する。)